集客に繋がるポイントとは

集客に使えるメール広告のはじめ方

メールを使って宣伝しよう

何をお客さんが求めているのか、理解してください。 するとメールに、どのような内容を書けば良いのかわかります。 メールを送り興味を持ってもらうことが重要なので、適当に作成しないでください。 成功させることで集客効果を発揮し、売り上げをさらに高めることが可能です。

お客さんからの需要を考える

興味を持って商品を購入したり、サービスを使ってもらったりするためには、どのようなものを取り扱っているのか説明することが欠かせません。
詳しくメールに書いて、お客さんに送信してください。
特に新商品や、お得なセールの情報はお客さんが求めています。
そのように、需要がある情報をメールに記載しなければいけません。
お客さんがいらないと感じる情報だけでは、次第にメールを見てもらえなくなります。
それでは、集客に繋がらないので気を付けましょう。

いつメールをお客さんに送るのか、という部分も重要です。
適当な時間にメールを送ると、お客さんの生活を邪魔します。
するとお客さんは不快に感じ、お店の印象が悪くなると思ってください。
特に深夜や早朝など、お客さんが休んでいる時間は避けましょう。
おすすめは朝の10時頃や、午後の3時頃です。
その時間なら休憩したり移動したりしている人が多く、メールを読む時間があると思います。

そして簡潔に、メールの内容をまとめてください。
お得な情報をたくさん届けたくても、文章が長くなるとお客さんは読む気を失います。
また内容を理解しにくくなるデメリットもあるので、簡潔にわかりやすくまとめましょう。
今回は何をお客さんに届けたいのか、ポイントを決めてください。
そして、カラフルにしすぎないことも重要です。
メールは絵文字を使用し、カラフルに見せられます。
しかし派手なメールは読みにくいので、シンプルを意識しましょう。

迷惑にならない時間にする

お客さんが忙しくしている時間や、休んでいる時間にメールを送信することは控えてください。 すると邪魔だと思われるのでメールを読んでもらえませんし、こちらの印象が悪くなり商品を買ったり、サービスを利用してもらったりできません。 ベストな時間を考えましょう。

簡潔に内容をまとめよう

長すぎるメールは読んでもらえませんし、内容が伝わりにくいデメリットがあります。 ですからお客さんに送信するメールは、簡潔にすることを心がけましょう。 短くても内容が綺麗にまとまっていれば、お客さんは商品やサービスの内容を理解し、お店を利用してくれるはずです。